参加のし易い為替取引

glassesFX(外国為替証拠金取引)は数ある金融商品の中でも初心者が比較的参入しやすい商品です。これは、FX比較サイトなどをチェックすれば分かることです。プロの投資家はもちろんのこと、一般のサラリーマンが副業として、主婦が家事の合間に、学生が講義をサボって…などなど、いまや様々な人々がこの巨大な市場に参入しています。ここ10年余りの間に急激に浸透してきたインターネットの発展もその一因ではあるのですが、商品としてのより本質的な部分が人々の心を捉えているようです。

たとえば、FXの最大の特徴である、少ない資金で投資することができるという要素はその最たるものと言えるでしょう。より一般に知られている株式投資が最低でも数万円という資金を必要とするのに対して、FXでは数千円から始めることができます。もちろん、最近では株でも少額からハイロー取引のスタートできるものも存在しますが、いずれにせよ信用取引などを使わない限りは、一回の株式投資のリターンはせいぜい数%であり、例外的に高騰した場合にその波に乗ることができたとしても20%程度の利益しか期待できません。それに対して、FXの場合は、自分のもっている資金を担保としてより大きな資金を借り入れる「レバレッジ」という仕組みを利用しています。このシステムは損害が大きくなってしまう可能性があるというリスクはあるものの、株式投資とは比較にならないほどの利益が期待できるのです。

参考ウェブ: 株価指数.net

また、同じく株式投資と比較した場合、FXは取引時間が非常に長いという特徴があります。株式相場が開いているのは平日の9時から11時半の間(前場)と12時半から15時までの間(後場)の一日あたりわずか5時間。対して、FXの場合は平日のみという条件は同じながらも、月曜日の朝5時から土曜日の午前6時まで24時間取引が可能です。取引時間には夏時間と冬時間が存在し、冬時間の場合は前述の時間が1時間後ろにずれる形となります。重要なのは、株式相場が一般的に学校や仕事によって一般の人々が基本的には自由に出来ない時間帯に行われているのに対して、FXは仕事が終わった後や、朝早く起きた場合などにも取引できるという点です。これによって、自分がもっとも集中できる時間帯に取引ができ、利益を大きくすることが可能になっているのです。

さらに、最近では携帯電話や、特にスマートフォンでの取引がとても簡単になってきたため、極端にいえば仕事中であっても取引ができるようになっています。株式投資と比べると値動きが激しく、比較的短時間で一回の取引が終わるため、時間がなかなか取れない人であってもおすすめできる金融商品の一つです。また、メタトレーダーのような、便利なツールも沢山登場して来ているのでますます取引が興味深くなってきますね!


株式投資に参加する個人投資家の80-90%は損をしているという話があります。

その数字にどれだけの信憑性があるかどうか分かりませんが、株式相場に手を出してかなりの方が、負け組になってしまうようです。

儲けようと思って手を出して、損をして資産を減らしてしまうのは、本末転倒であり、悲しくて悔しいことです。

それでもこの低金利の時代に少しでも資産を増やすことが出来ないかと株式投資に関心を持つのは、不自然な事ではないです。

投資ブームでもあるのか株式の投資セミナーは、多くの参加者で賑わい熱気でむんむんとしています。少しでも学んで、少しでも情報を掴んで投資に活かしたいと思ってのことと思います。

私も弱小個人投資家の一人、少しでも勝ちに繋がればと思い、何度かこの種の投資セミナーに参加したことがあります。

【投資セミナーは勉強・情報収集の場】
証券業界のガリバー野村證券では、資産管理、相続税など様々な金融の分野でセミナーを開催してくれていますが、株式の投資セミナーも月に1度の割合で
開催してくれています。私が行く仙台支店は参加者が多くて、午前と午後の2回に分けて行われています。

日本や世界の経済情勢、金融、為替、政治など取り巻く投資環境や、これからの世の中の動きなどを解説してくれます。そこからこれからの投資スタイルの
ようなものが見えてきますが、実際どういう行動を何時取るかは、参加者個人個人の判断となります。

個別銘柄の解説もなされます。業績やチャートなど豊富な資料を基に詳細な分析がなせれて紹介されます。講師の方の話を伺っていますとどの銘柄も長所があり
直ぐにも買いたくなってしまいます。野村証券では大やけどをしないように紹介する銘柄は、東証一部の誰もが知っているような大きな会社が多いのが特徴です。

マザーズやジャスダックの銘柄を紹介すると言うのは、セミナーでは殆どないように思います。
楽天証券のセミナーでは、ツールであるマーケットスピードの使い方が説明されます。マーケットスピードはリアルタイムで株価が表示され、注文も簡単で
デイトレードなどに使いやすく、チャートなどテクニカル指標なども見やすく便利です。
様々な情報が得られて使えるのですが、全て理解して使い切るのは大変でセミナーに参加して教えられるとなるほどと思う事があります。
またスタッフの方が来ているので、普段疑問に思っていることなどを質問することも出来ます。

【セミナーに関して思う事】
セミナーは基本的に、初心者でもわかるような話なので、ある意味中級者以上の方は退屈な場面があるのは否めません。ただ全体の話の中で、幾つかなるほどと
納得するような、勉強になったと思う事も必ず1つ2つあります。

講師の方は熱心です。正直に今の相場観、強気も弱気も話してくれますが、しかしそこは証券会社で働く人、業界で働く人です。どちらかと言えば楽観的な
強気の話が多いです。数年前まだ1株単位の取引きの時、NTTドコモの株が12万円―14万円くらいの時、これ以上下がりません、18万円以上になります、と講師
の方が力説しましたが、その通りになりました。ドコモの株はその後見事に上がりました。但しそのセミナーから3年以上も経ってからです。

セミナーに参加すれば、その講師の話がびんびんと入って来てよしやるぞという気になりますが、あくまで自己責任。講師の方にもセミナーの主催会社にも責任を
求める事は出ませんので、冷静に自分で考え自分で決断することが肝要です。