XEMarketsのスプレッドについて

bonusXEマー ケットには、大きなレバレッジや好条件の入金ボーナス、そして充実した日本語サポートなど、数々の魅力があります。そしてその魅力の一つに、スプレッドが狭いということが挙げられます。米ドル/円を始めとした主要通貨のスプレッドは、1pipからに設定されているので、取引にかかるコストを最低限に抑えることができるのです。取り扱いの通貨ペアは、米ドル/円、豪ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、カナダドル/円、NZドル/円の基本通貨ペアに加えて、スイスフラン/円、豪ドル/米ドル、米ドル/ユーロなど、合計で59種類も用意されています。そしてこれらの通貨ペアのほとんどにおいて、業界最狭クラスのスプレッドを誇っています。

一般的に国内のFX業者よりも、海外のFX業者の方が取り扱い通貨ペアは多く用意されています。そして確かに海外のFX業者では、70ペアや150ペアの取り扱いをしているところもあります。しかし取り扱い通貨ペアは、多ければ多いほど良いというものではありません。ここでのポイントは、自分が投資をしたい通貨ペアを取り扱っていて、スプレッドなどの条件がどの程度優れているのかです。そういう見方をすれば、XEマーケットでは、ドル/円、ユーロ/円などの、人気の主要通貨ペアは全部用意されており、そのすべてが狭いスプレッドになっていますので、最高の取引環境が整っていると言って良いでしょう。取扱商品は上記通貨ペア以外にも、2種類の貴金属と4種類のCFDがあります。

XMが用意する注文方法は、成行、指値、逆指値、IFD、IFD・OCO、トレールと言った、一般的な方法 は、すべて対応しているので、自分の好きな注文方法で取引ができます。

その取引は、MT(メタトレーダー)4を始めとして、プロ仕様のMAMやミラートレーダー、そしてZuluトレードなどの6つのトレードツールが用意されており、AndroidやiPhone、そしてiPadをはじめとしたモバイル機器にも対応しています。いつでも、どこからでも、FXの取引ができるようになっています。もちろんシステムトレードも可能です。これらのツールは、断然バイナリーオプションにも役立ちますので要チェックです!

そしてXEマーケットが人気のもう一つの理由は、海外業者でありながらその充実した日本語対応にもあります。日本人のカスタマーサービス担当者を配置し、メールなどで日本人のユーザーにきめ細かい対応をしてくれます。

他にも取引手数料が無料であったり、入金ボーナスが充実していたり、888倍のレバレッジを効かせることができるなど、数あるFX業者の中でも、最高のトレード環境を提供しているのがXEマーケットなのです。
2012年7月にトレーディングポイントがリニューアルして、XEマーケットに生まれ変わりました。それを機に、これまで以上にサービスの充実に力を入れていますので、この先も期待できる海外FX業者の筆頭といえるかも知れません。