XEMarketsの追証について

tsuishoXEマーケットには、預け入れた金額を超える損失(追証)が発生しないサービスを取り入れています。したがって、急な為替変動などが発生しても、損失リスクを限定した取引ができるようになっています。仮に口座がマイナスになったとしても、そのマイナス分はXEマーケットが負担するので、投資家が追証を求められることは一切ありません。レバレッジが大き な取引を行なっていても、このシステムならば安心です。

国内のFX業者でも、預けた証拠金以上の損失が発生しない様に、決められた証拠金以上の損失が出た時には、強制的にポジションを決済させて、損失を確定するシステムを採用しています。これを強制ロスカットと言います。しかし国内のFXの業者の場合、このロスカットをする時の逆指値注文が、相場の変動でスリッページをするケースや、ひどい場合には、決済自体が拒否されて、ロスカット自体ができないなどのケースがあります。その様なことになると、結果的に証拠金の残高を上回る損失が出て、その損失を埋めるために追証を求められることがあります。

しかし海外のFXの追証ゼロサービスでは、文字通り追証はゼロ、つまり発生しません。為替相場がどんなに急に、激しく変動しても、ロスカットは確実に行われます。また仮に証拠金以上の損失が発生しても、それはFX業者が、負担するのです。(追証ゼロサービスについての詳細は、無料で海外FXバイナリー業界の動きを追っているところ)一見、国内業者でやっていることと違いはないのではと思うかもしれませんが、実際は大きく違います。その具体的な例は、夜間や週末に急激な為替変動が起こった場合です。日本の業者の場合、決済ができない時間帯の相場変動には対応できません。その間に、どんどん損失が膨らむ可能性があります。しかし海外業者では、そのような場合であっても、追証は発生しないのです。この点は、国内業者よりも、海外業者が圧倒的に優れている点です。そしてXEマーケットを始め、ほとんどの海外FXの業者は、この追証ゼロサービスを導入しています。 このことだけでも、海外業者を選ぶ理由になるでしょう。XEマーケットは、FX 初心者にとっても、比較的入って行きやすいブローカーだと思います。